中高年の足裏マッサージは要注意!

その昔、台湾へ旅行へ行った時に体験した足裏マッサージ。
ガイドブックでは「痛すぎて泣けてくる」と案内されていましたが、まったく動じなかった私です。
そして、それから20年の月日が流れ、私も立派な中高年となりました。
日々の生活に追われて、台湾へ行く余裕など時間的にも金銭的にも無くなってしまいました。
しかしながら、そんな私でも近所の日帰り温泉には度々訪れます。
2時間ほどでササッと帰ってくる時もあれば、家族全員で繰り出し、食事も含めてゆっくりと過ごす日も。
たくさんのお風呂があるので、長時間過ごすにもとても快適な日帰り温泉施設なのです。
その施設には、懐かしの足裏マッサージサービスを行っています。
いつも横目で見て知ってはいましたが、試したことは皆無。
でもある日のこと。
一人でのんびりと過ごしていた時に、「そうだ、足裏マッサージをしてみよう」と思い立ったのです。
フロントへ行き、予約状況を確認。
幸いにして、30分後には予約が取れるとのこと。
さっそくお願いをして、ついに20年ぶりの足裏マッサージ体験です。
ところが、懐かしの足裏マッサージの痛いこと。
思わず悶えてしまいます。
黙っていることも出来ず、「いたーい、いたーい」を連発。
施術してくれたオジサンが、「お姉さん、酒飲み過ぎ。偏頭痛ある?ちょっと痩せた方がいいよ」
アレコレ言われて、耳も痛い私。
若い時には健康そのものでしたから、痛みもなかったわけです。
「中高年になったら気安く足裏マッサージなんかしたら大変だ!」と学びました。

ホームに戻る